基本的に病院は営利目的ではなく人を救うことを考えている


多くの人は病院が医療費をたくさん稼ぎ儲かっていると思っている

かつての国鉄でさえ鈍行、急行、特急がカネで区別されていたのに、医療の世界では時間をカネで買うことはできないのです。全員が満員列車に乗りながら不快な鈍行の旅を続けることになります。大学病院に残された手段は、医師は昼飯も食べずに遅くまで働き続けるか、あまりの待ち時間の長さに患者の足が遠のくのを期待するしかないのです。資本主義社会ではサービスは商的行為です。サービスの程度によってカネが入る仕組みになっています。

値段の高いホテルはそれなりのサービスがあり、笑顔には笑顔に比例した報酬がつくものです。この資本主義社会において、医療サービスという最近の流行語はまったく誤解された使われ方をしています。医療機関におけるサービスは、資本主義社会で用いられる「サービス」とは意味が違い、「無報酬の奉仕」ということなのです。報酬のないサービスは「サービスではなく医療奉仕」なのです。

世間では病院が営利のため、医療サービスによる生き残りをかけていると誤解していますが、医療サービスは金銭が目的ではなく、患者を思う純粋な奉仕なので、世問で言うサービスとは意味が違います。資本主義社会のサービスには感謝の気持ちは必要ありません。それは金銭で買ったサービスだからです。いっぽう、医療奉仕に対しては感謝の気持ちが必要になります。それは無報酬のサービスだからです。この人間社会の基本原理を忘れ、医療奉仕を奉仕とも思わず、営利による金銭的サービスと勘違いしている人達が大勢います。医療従事者の献身的犠牲の上に現在の医療が成り立っていることが理解されていないのです。
もう泣き寝入りするしかないと思っていましたが、弁護士の方にB型肝炎 訴訟についてのお話を聞いて行動を起こしてみようという気持ちになれましたよ。
東京の方が美容に気を遣っているひとが多いような印象を昔は持っていましたが、レーザー脱毛 大阪のお店に行ったら大盛況で関西の方が気を遣っているのかもしれないと思いました。
通院も不要なので、とりあえずちょっとプチ整形してみたいなって女の子にぴったりです。超自然な仕上がりだから、気付かれることなくかわいくなれますよ。ヒアルロン酸 大阪梅田のクリニックがおすすめです。
マンツーマンによる濃密な指導を楽しめるのが、パーソナルトレーニング 東京の魅力です。トレーナーと二人だけの世界なので、高い集中力と緊張感を保ったまま、より効果的にトレーニングすることが出来ます。
重たい一重のせいで、いつも眠そうに見られたり睨んでいるように思われたりしていましたが二重まぶた 神戸で治療をしてから周りからの私への評判が180度変わりました★本当によかったです!
完全ワンドクター主義のグランクリニック美容皮膚科 名古屋では院長の中村先生が一人ひとりのカウンセリングからアフターフォローまですべて行っています。
医療事務の資格を取るなら、信頼ができ評価の高い通信講座を選ぼうと思っていました。いろいろと慎重に調べた結果、ソラスト 評判がもっとも良さそうでした。


医師が金銭のことを口にだすのはいやしい行為とする文化があったのです。この医療文化の建て前から、診療報酬を安く設定し、足りない部分をクスリ代と称して穴埋めする政策が薬価差益だったのです。この暗黙の了解による薬価差益が医師の生活を支え、病院の経営を成り立たせていたのです。

診療技術料を安くするかわりに薬価差益を与えましょう、という医療文化に即した考えが、医療政策の中に生きていたのです。しかし、この政策があまりに開業医を裕福にしすぎたため、周囲のねたみを引き起こし、薬価差益がゼロ近くに圧縮されるに至ったのです。現在、日本では院外薬局が3割を占めていますが、病院が薬局を手放したのは薬価差益の儲けがなくなったからなのです。

What's New
2013/07/08 おすすめ記事を更新しました。
2013/07/04 新着記事を更新しました。
2013/07/03 薬価差益をゼロを更新しました。
2013/06/30 注射器やレントゲンを更新しました。
2013/06/28 病院もランクづけを更新しました。
2013/06/26 医療やボランティアを更新しました。
2013/06/25 多くの人は病院が医療費をたくさん稼ぎ儲かっていると思っているを更新しました。
2013/06/22 ホームページをリニューアルしました。


今得サイト
ナース人材バンクe-ナースナースの天職
転職実績の高い看護師求人・転職支援サイト。地域専任のコンサルタントが転職支援。20年の実績があり、全国の医療機関の看護師求人採用をサポートするサイトです。全国の看護師求人情報を細かな条件で検索できます。PCだけでなく携帯やスマートフォンからも利用できます。